更年期障害をしっかり対策|症状を改善する方法

先生

脳の腫瘍

看護師

検診を利用しましょう

脳腫瘍は、幅広い年代で起こり得る病気です。この病気は高齢者にも発生することが多く、時に認知症と見分けが付きにくいことがあります。脳腫瘍はある程度進行すると様々な症状が現れますが、腫瘍が小さい間は余り自覚症状がないのが厄介な点です。こういった脳腫瘍を早期に見つけるために積極的に利用したいのが、脳ドッグを始めとする検診です。最近では各自治体の制度を利用して、お得に脳ドッグを受けられることが増えています。この手の検査は脳外科の専門病院などで行われることが多く、詳細な結果が得られるのがメリットです。脳ドッグでは、自覚症状が現れない段階の小さな脳腫瘍も見つけることが出来ます。従って、早めに手が打てるようになるのが魅力です。

症状に注意を払います

腫瘍の出来た場所によって、脳腫瘍では様々な症状が現れます。一般的な脳腫瘍の症状としては頭痛や吐き気などが挙げられますが、中にはこのような症状を伴わないケースがあるため注意が必要です。例えば言語機能を司る部分に腫瘍が出来た場合は、言葉が出てこないなどの言語障害が起こります。また、視神経が集まる部分に腫瘍があれば、視覚に何らかの障害が現れてくるのが一般的です。分かりにくいケースとしては、癲癇発作や認知障害などが挙げられます。このような症状は他の病気と誤診される可能性があるため、特に要注意です。こうしたことから、少しでも脳腫瘍が疑われる症状が見られたら、脳の画像検査を受けておくことが転ばぬ先の杖となります。