更年期障害をしっかり対策|症状を改善する方法

医者

骨がもろくなる病

病棟

骨がもろくなる病気としては、骨粗鬆症があります。そのため成長期の食事では、しっかりと食べて栄養を補わなければなりません。それが将来的な予防になってきます。また、女性に多い病気になってきます。ですので、日ごろから予防に取り組んでいきます。

View Detail

脳の腫瘍

看護師

脳腫瘍を早めに見つけるためには、脳のドッグ検査が役立ちます。このような検査は、自治体のサポートを受けて行うことも可能です。脳腫瘍の症状にはバリエーションがありますので、兆候を見逃さないことが大切となります。

View Detail

早期の受診が重要

女性

自律神経失調症は自覚が難しい病気です。様々な症状が同時に起こったり、天気や気分によって症状が悪化する人は、精神科を受診してください。自律神経失調症において、特に注意すべき点はうつ病の併発です。うつ病を併発すると、回復に時間を要します。そうならないためにも、いち早く精神科を受診することが重要です。

View Detail

更年期のうつ症状

医者

うつ症状を呈するとき

更年期障害は、女性がそれまで定期的にあった月経が、終了することによって発生する疾患です。月経が起こる目的は、子供を産むための胎盤を、女性ホルモンが作用して新鮮なものにすることです。そのため月経が起こっている間というのは、女性ホルモンの分泌が盛んになっています。しかし、月経が終了すると、女性ホルモンの分泌が少なくなるのです。女性ホルモンは、多様な分野に影響を及ぼすことが特徴になっています。その点で女性ホルモンは、精神分野に対しても、大きな影響を及ぼすことがあるのです。そうしたことから、更年期障害の一つとして、うつ症状を起こす人が多くなると指摘されています。したがって、更年期を迎えた人がうつ症状を呈したら、更年期障害を疑うことも必要です。

効果的なホルモン補充療法

うつ症状を呈した場合は医療機関を受診しましょう。いまは婦人科や心療内科など様々な場所で対応してもらえます。自分でケアするのではなく、うつ症状で医療機関を選択したほうがきちんとした治療を受けることが出来ます。更年期障害によるうつ症状に対して、医療機関ではいくつかの治療法が行われます。そのうちの一つが、ホルモン補充療法です。もちろん、うつ症状を訴える人に対しては、向精神薬を使用することが、いちばん多くなります。しかし、向精神薬に加えて、ホルモン補充療法を行うことで、より効果的な治療が期待できるのです。他にも、心理療法などその人の症状に応じた治療が施されます。まずはカウンセリングから始めていきましょう。